建物補強・土地活用

耐震補強のご提案

投稿日:


耐震補強を行う上で、【耐震診断】は不可欠な作業です。
【耐震診断】によって、建物の弱い部分を、どのように補強、改善するかを検討し補強工事を行います。
【耐震診断】だけでもお気軽にお申し出下さい。
建物の弱い部分を把握するだけでも【安心材料】となり【災害】に備える事になります。

建物は基本的には最新ほど耐震性が高くなっています。
それは、大地震があると、建物を建てる際に守らないといけない
【耐震基準】が厳しく改正されているからです。
特に昭和56年以前の【耐震基準】は低く、【阪神淡路大震災】時の被害状況を見ても、昭和56年以前に建てられた住宅の被害発生率は高い結果が出ています。
建物が新しいからといっても必ず安全だとは言えませんが、古い家屋・建物よりは耐震性はあり、やはり古い建物は安全性、耐震性とも危険度が上がることは確かなようです。
公衆浴場の場合は脱衣場を出来るだけ大きな空間として確保するため柱が少ない構造になっています。
さらにその上部(二階)が住居となっている場合が多いため上が重く、旧耐震基準の木造構造の場合は地震の影響が大きいと考えられます。
【鉄骨フレーム工法】は重量鉄骨にて二階全体を支持するため大きな空間を確保したい公衆浴場では最も適した耐震補強になります。




ナニワ工務店では【新築】【増改築】【リモデル】など幅広く建築施工を扱っております。
また、公衆浴場を筆頭に店舗・事務所なども施工しております。
各種実績をご覧頂き、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文